短鎖脂肪酸

腸内フローラには欠かせない!今テレビでも注目されている短鎖脂肪酸って何!?

短鎖脂肪酸

 

 

現在、テレビやSNS等のメディアでも注目されはじめている「短鎖脂肪酸」

 

 

個人的にもビセラの最大の魅力は「短鎖脂肪酸」にあると思っています!

 

 

ビセラ

画像引用元:ヤクルト中央研究所

↑数年前にも話題になった短鎖脂肪酸ですが、ここ最近急激に関心度が高くなっています。

 

 

私も2年くらい前から注目してて、短鎖脂肪酸を絡めたサンファイバー等の商品(粉状でお水に溶かして飲んでます)を利用しててお通じに凄い効きます!

 

ビセラ

 

↑※2年近く利用してるサンファイバー。アマゾンで販売されてます!

 

 

当ページでは短鎖脂肪酸について、公式サイトにも少し記載がされていますが、別の記事で詳しく解説されてる記事がありましたので、そちらを紹介しますね!

 

 

短鎖脂肪酸の概要と効果について

 

短鎖脂肪酸とは、油脂を構成する成分のひとつで、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造をしています。

 

そのうち炭素の数が6個以下のものが短鎖脂肪酸と呼ばれ、酢酸、プロピオン酸、酪酸などが含まれます。

 

短鎖脂肪酸は、ヒトの大腸において、消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を腸内細菌が発酵することにより生成されます。

 

生成された短鎖脂肪酸の大部分は大腸粘膜組織から吸収され、上皮細胞の増殖や粘液の分泌、水やミネラルの吸収のためのエネルギー源として利用されます。

 

また、一部は血流に乗って全身に運ばれ、肝臓や筋肉、腎臓などの組織でエネルギー源や脂肪を合成する材料として利用されます。

 

その他にも短鎖脂肪酸には、腸内を弱酸性の環境にすることで有害な菌の増殖を抑制する、大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促進する、ヒトの免疫反応を制御する、などさまざまな機能があることが知られています。

 

記事引用元:ヤクルト中央研究所

 

 

以上になります!短鎖脂肪酸は「腸活」を意識する上では絶対欠かせない成分となりますので、ぜひ関心を高く持たれることをオススメします!

 

 

 

↑YouTube動画でも短鎖脂肪酸について解説されてましたのでピックアップしてみました!

 

 

 

https://shizen-labo.jp/

 

↑ビセラの正規販売はこちら↑

 

 

ビセラの口コミ&30日体験談→


page top